独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theocracy / Mirror of Souls
Theocracy / Mirror of Souls

Theocracy / Mirror of Souls

01.A Tower Of Ashes
02.On Eagles' Wings
03.Laying The Demon To Rest
04.Bethlehem
05.Absolution Day
06.The Writing In The Sand
07.Martyr
08.Mirror Of Souls
09.Wages of Sin

評価:★★★★

アメリカのメロディックパワーメタルバンドの2008年発表の2ndアルバムです。

前作は打ち込みのドラムにVo,Gt,Ba,Keyの全てのパートをMatt Smithがこなすソロプロジェクトでしたが、本作ではJonathan Hinds(Gt)、Shawn Benson(Dr)をメンバーに迎え3人組のバンド編成となりました。

その前作では非常に光るセンスを感じさせられる一方で、ショボイ打ち込みのドラム、低域になると途端に不安定になるヴォーカル、チープなプロダクションといった欠点の目立つアルバムでしたが、本作では叙情的なメロディーと長尺でも退屈させない展開はそのままに前作の欠点を見事にクリアした力作となりました。
#1、#2、#5といった疾走曲は勿論、バラードの#4(終盤のコーラスがEDGUY/Land Of The Miracleにそっくりw)、ミドルテンポの#6、22分にも及ぶ圧巻の大作#8といった全ての曲でフックの効いたメロディーを聴かせており日本盤の9曲71分あまりが長さを感じることなく楽しめます。

ただちょっと綺麗にまとまりすぎな気もするかな~。
ってこんなこと言ってたら罰が当たるなw
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satoshi194.blog.fc2.com/tb.php/155-2bbddfae
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。