独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rage / 21
Rage / 21

Rage / 21

01. House Wins
02. Twenty One
03. Forever Dead
04. Feel My Pain
05. Serial Killer
06. Psycho Terror
07. Destiny
08. Death Romantic
09. Black And White
10. Concrete Wall
11. Eternally

Bonus CD
01. Opening
02. The Edge Of Darkness
03. Hunter And Prey
04. Into The Light
05. Drop Dead
06. Empty Hollow
07. Light Into The Darkness
08. Higher Than The Sky
09. War Of Words
10. Carved In Stone
11. Soundchaser
12. Down

評価:★★★★

ドイツの重鎮パワーメタラーによる2012年発売のその名のとおり21thアルバムです。
前身バンドのアルバムを含むかどうか、企画盤を含むかどうかによって枚数が変わってきますが本人たちが本作を21枚目のフルアルバムと言っているのだからそれが正しいんでしょう。

Victor Smolski(Gt,Key)加入後の作品ではシンフォニックな組曲とコンパクトなパワーメタルナンバーが混在する作風のアルバムを主として作ってきましたが、今後はシンフォニックなものはLINGUA MORTIS ORCHESTRA名義として分離し、RAGE名義ではパワーメタルを基盤として活動を行っていく模様です。
そういった背景もあり、バンド史上最もヘヴィーな作風になることが事前にアナウンスされていました。
確かにシンフォニックな要素が排除され、アグレッシヴなギターを中心とした曲調や、バンドとして初の試みとなる#5でのデスヴォイスの導入、全体的に死をモチーフとした歌詞など、ダークな印象が強く、少なくともVictor加入後の作品の中では最もアグレッシヴなアルバムに仕上がっています。
とはいえヘヴィーな曲であってもどの曲も耳なじみの良いキャッチーなサビを持っており、Rageらしさは失っておりません。
そういった意味ではベテランらしい非常に手堅いアルバムですね。

演奏面ではVictorが凄まじいのは当たり前として、個人的には本作ではAndre Hilgers(Dr)がいい仕事をしていると感じました。
これまではタイトな演奏は聴かせるものの、前任のMike Terranaに比べると地味な印象を持っていたのですが、本作では特にライドシンバルを中心とした金物系の使い方が個人的にツボでした。#8のサビとかたまらないですね。

恒例となりつつあるオマケは今回はDVDではなくCDで、2010年にGamma Rayとカップリングで来た東名阪ツアーから東京のライブが収められています。
航空会社のミスで機材が日本に来なかったり、ツアーが終わったかと思いきやアイスランドの火山の噴火が原因で飛行機が飛ばずドイツに帰れなかったり、ついでに日本のニュース番組に出演したりと散々なツアーだったようですが、ライヴそのものは充実のクオリティーだったことが伝わってきます。
しかしオマケにしてもちょっと音質が悪すぎますね。
前2作のオマケほどのお得感はないかな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satoshi194.blog.fc2.com/tb.php/117-fb2d1e31
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。