独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIV MOON / Symphonic Moon
LIV MOON / Symphonic Moon

LIV MOON/Symphonic Moon

01.Amen!
02.零の天使
03.Alchemy
04.Kiss me Kill me
05.氷の棺
06.Fugitive
07.Black Serenade
08.心月世
09.The Last Savior
10.堕天使の笑み
11.Interlude ~ By the Ruin
12.Masquerade

評価:★★★★

国産シンフォニック/ゴシックメタルプロジェクトの2012年発表の3rdアルバムです。前作から10ヶ月程度という短いスパンでのリリースとなりました。

基本となるメンバーは前作と変わらぬAkane Liv(Vo)、西脇辰弥(Key)、大村佳孝(Gt)、MASAKI(Ba)、前田秋気(Dr)の5名です。

正直、ここまでの快作を作ってくるとは予想外でした。
本作は前2作に比べて楽曲の充実具合が見事で、どの曲もAkane嬢の美声の魅力を最大限に引き出せるものとなっています。
前作同様のダークでゴシックな雰囲気は残しつつ、一般受けしやすいキャッチーなメロディーが増えました。
ANTHEMの清水を含めた外部ライターもそれぞれにいい仕事をしており、楽曲のバリエーションも幅広くなっています。
個人的には殆どの曲がお気に入りですが、バラード調のAメロから徐々に盛り上がりサビでI've Soundに通じるようなキャッチーなクサメロで疾走する#8、イントロからコテコテなメロスピをかましてくれる#9の2曲は特に「これを待っていたんだ!」とガッツポーズしたくなるキラーチューンです。

Akane嬢の声がソプラノの比重が減り、前作以上に中低域での歌唱が増えたことは賛否分かれる所でしょうが、僕としては大歓迎。
勿論“4オクターブの美神”と言われるソプラノヴォイスこそが彼女の最大の魅力であり売りであることは間違いないでしょうが、それだけだと聴き疲れする面もあるので曲やメロディーによって色々な歌唱法を使い分けられるようになった本作でヴォーカリストとして一皮剥けたのではないかと思います。
スポンサーサイト
LIV MOON / GOLDEN MOON
LIV MOON / GOLDEN MOON

LIV MOON/GOLDEN MOON

01.死の舞踏~ディエス イレ~
02.SAY GOODBYE
03.NOT GAME!
04.BLACK RUBY
05.DANCE WITH A GHOST
06.よざくらん~夜桜嵐~
07.Interlude~THE LOST FORTRESS
08.ドラクロワの女神
09.FLY
10.バレリーナ・シンフォニー
11.静かな奇跡
12.命の森
13.溺れる人魚
14.アマラントスの翼


評価:★★★

お、おっぱい。
というわけでどうしてもこのジャケを載せたかったのでリンクは入手困難な初回盤ですw
通常盤へのリンクはこちら

国産シンフォニック/ゴシックメタルプロジェクトの2011年発表の2ndアルバムです。
前作発表後、Akane嬢(Vo)とブレインである西脇辰弥(Key)を除くメンバーが一新され、大村佳孝(Gt)、MASAKI(Ba)といったメタルサイドのメンバーを迎えてレコーディングされたことが功を奏し、アルバム全体を通してシンフォニックメタルとしてのバイブが感じられる内容になっています。

特に#1、#4はブラックメタルばりの暗黒なムードを漂わせており、Akane嬢の妖艶な魅力を持った声にあっているのではないかと思います。
アルバム全編を通してこの方向性で作ってみても面白いんじゃないかな?

また、前作ではソプラノ一辺倒であったAkane嬢のヴォーカルワークも#4に顕著なように中低音でも十分に魅力的な表現力を発揮しています。

アルバム後半に少しだれる感もありますが、十分にHMのアルバムとして及第点を与えられるできでしょう。
LIV MOON / DOUBLE MOON
LIV MOON / DOUBLE MOON

LIV MOON/DOUBLE MOON

01.HISUI~Nephrite
02.月架
03.DOUBLE MOON
04.THE PHANTOM OF THE OPERA
05.Interlude~The River Of No Return
06.A Wish
07.オトナキサケビ
08.鮮やかに…
09.Interlude~Privileged
10.WILD CREATURES
11.ESCAPE
12.TIME TO SAY GOODBYE
13.GOOD NIGHT
14.LA LUNA(Bonus Track)

評価:★★☆

元宝塚女優という異色の経歴を持つ“4オクターブの美神”ことAkane Liv(Vo)を擁する国産シンフォニック/ゴシックメタルプロジェクトの2009年発表の1stアルバムです。

他のレビューサイトで言われている、Akaneのバックを支えるメンバーのメタル門外漢っぷりも気になるところですが、僕はそれ以上に致命的なのが単純に曲がつまらないということだと思います。
アルバムを通して聞いて頭の中に残る曲がカヴァーの#4だけなんだもん。

Akane嬢のヴォーカルは時に超音波のような凄まじいソプラノまで完璧にコントロールしていて確かに上手いです。
でもこの時点では上手いだけで表現力にかけ、一本調子な印象があります。これはAkane嬢の声を曲が生かしきれていないという面も大きいのかもしれません。

宝塚出身のソプラノヴォーカルを擁するシンフォニックメタルと聞いて勝手にLacroix Despheresのような歌劇メタルを想像していたので拍子抜けでした。
一曲くらいコテコテのメロスピをやってみたら面白かったかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。