独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theocracy / Mirror of Souls
Theocracy / Mirror of Souls

Theocracy / Mirror of Souls

01.A Tower Of Ashes
02.On Eagles' Wings
03.Laying The Demon To Rest
04.Bethlehem
05.Absolution Day
06.The Writing In The Sand
07.Martyr
08.Mirror Of Souls
09.Wages of Sin

評価:★★★★

アメリカのメロディックパワーメタルバンドの2008年発表の2ndアルバムです。

前作は打ち込みのドラムにVo,Gt,Ba,Keyの全てのパートをMatt Smithがこなすソロプロジェクトでしたが、本作ではJonathan Hinds(Gt)、Shawn Benson(Dr)をメンバーに迎え3人組のバンド編成となりました。

その前作では非常に光るセンスを感じさせられる一方で、ショボイ打ち込みのドラム、低域になると途端に不安定になるヴォーカル、チープなプロダクションといった欠点の目立つアルバムでしたが、本作では叙情的なメロディーと長尺でも退屈させない展開はそのままに前作の欠点を見事にクリアした力作となりました。
#1、#2、#5といった疾走曲は勿論、バラードの#4(終盤のコーラスがEDGUY/Land Of The Miracleにそっくりw)、ミドルテンポの#6、22分にも及ぶ圧巻の大作#8といった全ての曲でフックの効いたメロディーを聴かせており日本盤の9曲71分あまりが長さを感じることなく楽しめます。

ただちょっと綺麗にまとまりすぎな気もするかな~。
ってこんなこと言ってたら罰が当たるなw
スポンサーサイト
Theocracy / Theocracy
Theocracy / Theocracy

Theocracy / Theocracy

01. Prelude
02. Ichthus
03. The Serpent's Kiss
04. Mountain
05. Theocracy
06. The Healing Hand
07. Sinner
08. New Jerusalem
09. The Victory Dance
10. Twist of Fate

評価:★★★☆

アメリカのメロディックパワーメタルプロジェクトの2003年発表の1stアルバムです。

本作の時点では打ち込みのドラムを除く全てのパートをMatt Smithなる人物が手がけるプロジェクトでした。
アメリカというメロパワ不毛の地から現れたということも当時は話題になったと記憶しています。

アルバムを通して魅力的なクサメロに北欧のバンドを想起させるキラキラとしたKeyが載るパワーメタルをプレイしており、アメリカっぽさは全く感じられません。
#3、#6、#10と10分超の大作も3曲収録されており、プログレッシヴな要素も魅力の一つとしているようですが、ミドルテンポや大作であってもメロディーがキャッチーで聴きやすく、難解な印象を与えないところがいいですね。
どこか上品な優雅さを感じさせる雰囲気はAngraっぽくも感じます。

後に2ndアルバム以降ではヴォーカルに専念することになるMatt Smith氏ですが、本作ではギターを中心に中々にテクニカルなプレイも聴かせています。
歌唱力は、ハイトーンではRob Tyrant(Vo:Labyrinth)を思わせるような甘い声質の魅力的な声を聞かせてくれる一方で、何故か低域になると信じられないくらいピッチが不安定になるのが残念ですね。

プロダクションも悪く、まだまだな部分もありますが、#2、#5、#8といった疾走曲は癖になる魅力を持っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。