独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PATHFINDER / Fifth Element
PATHFINDER / Beyond the Space, Beyond the Time

PATHFINDER / Fifth Element

01. Ventus Ignis Terra Aqua
02. Fifth Element
03. Ready To Die Between Stars
04. The Day When I Turn Back Time
05. Chronokinesis
06. March To The Darkest Horizon
07. Yin Yang
08. Elemental Power
09. Ad Futuram Rei Memoriam
10. When The Sunrise Breaks The Darkness
11. Vita
12. If I Could Turn Back Time

評価:★★★

ポーランド産の6人組シンフォニック/スピードメタルバンドの2012年発表の2ndアルバムです。

ファンタジックなジャケットを見れば予想がつくように本作でもシンフォニックで大仰なメロディックスピードメタルは健在で、その点はまず一安心。
また前作に比べてサウンドプロダクションが飛躍的に向上したのが一聴して解ります。

一方で前作では魅力的だったメロディーの臭さが大きく減退してしまったのが非常に残念です。
こうして大きな魅力を失ってしまうとヴォーカルの弱さ、邪魔でしかないピロピロ速弾きオナニー、微妙に前ノリで気持ちのいいタイミングを外すドラム、といった前作譲りの欠点が気になってしまいますね。
というか、ヴォーカルは変えないとどうしようもないなこりゃ。

ただ、前作より薄味になったとはいえ本作でも楽曲の魅力はさすがですし、何よりこの方向性を貫いてくれているのは嬉しいところです。
次作では是非ヴォーカルを変えてもう一化けしてほしいと思います。
スポンサーサイト
PATHFINDER / Beyond the Space, Beyond the Time
PATHFINDER / Beyond the Space, Beyond the Time

PATHFINDER / Beyond the Space, Beyond the Time

01. Deep Into That Darkness Peering I. Rem Stage II. Coma III. Journey
02. The Whisper Of Ancient Rocks
03. Vita Reducta: Throught The Portal
04. Pathway To The Moon
05. All The Mornings Of The World
06. The Demon Awakens
07. Undiscovered Dreams
08. The Lord Of The Wolves
09. Sons Of Immortal Fire
10. Stardust
11. Dance Of Flames
12. To The Island Of Immortal Fire
13. Beyond The Space, Beyond The Time
14. What If
15. Forever Young(Bonus Track for Japan)


評価:★★★☆

ポーランド産の6人組シンフォニック/スピードメタルバンドの2010年発表のデビュー作です。

クサメタラーであればジャケを見ただけでにやけてしまいそうな本作ですが、ざっくりとその音楽性を表現するなら、Rhapsodyのエピカルな荘厳さにDRAGONFORCEの疾走感を合わせた感じでしょうか。
女性ヴォーカルやオーケストレーションを多用しながら疾走する楽曲はどれも非常に魅力的ですが、特にベートーベンの月光をモチーフにした#3~#4、スケールの大きなメロディーが印象的な#5などは将来性を感じさせるものです。

演奏面ではGt&Keyが所々センスを感じさせるフレーズを聴かせてくれるものの、全体的に明らかに弾きすぎている所が勿体無いですね。
無駄なピロピロギターは曲の魅力を半減させるだけだと思うんですよね。
また、ヴォーカルははっきり言って致命的です。力を抜いて歌ったパートはそこそこ魅力を感じさせるのに、何を思ったのかDaniel Heimanを目指してしまって結果、聞くに堪えないヘナチョコなハイトーンとシャウトを多用しています。

シンフォニックアレンジや疾走する楽曲のメロディーが非常に魅力的な一方で、全体的に若さが気になってしまう作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。