独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Imperial Circus Dead Decadence / 狂おしく咲いた凄惨な骸は奏で、愛おしく裂いた少女は聖餐の詞を謳う。
狂おしく

Imperial Circus Dead Decadence/狂おしく咲いた凄惨な骸は奏で、愛おしく裂いた少女は聖餐の詞を謳う。

01.断章を紡ぐ序曲
02.劇愛の呼声が溺哀の叫声を喰らう
03.邪神の婚礼、儀は愛と知る。
04.血塗られた醜聯に耽る葬ら
05.語継がれる悲哀
06.残酷さは其の亡骸を舐らざる
07.灼熱の煉獄に薔薇は…
08.廃した少女は、這い寄る混沌と邂逅す。
09.暗黒の城郭に侵攻さる異形の狂姫
10.謳
11.因果律ノ咎人、境界面上ノ運命

評価:★★★★

福岡のシンフォニックブラックメタル同人サークルの2011年発売の2ndアルバムです。
相変わらずタイトル長いよ!上のタイトル欄はみ出しちゃうよ!

前作リリース後にANOTHER STREAMのKIM(Gt)が加入し、Rib;y(uhki)氏はVo、Hull氏はBaに専念することになったようです。
ドラムこそ打ち込みですが着実にバンド形態に近づいていますね。

さて、内容ですが・・・
一体前作から今作までの間に何が起こったんだっていうくらい化けちゃいましたw
2011年を代表する名盤と言っても過言じゃないなこれは。
大まかな方向性としては前作同様シンフォニックブラックメタルを基盤にV系やサンホラ的な要素をプラスしたものなのですが、そのV系やサンホラ的な要素は割合的には大きく減退し、焦点をシンフォニックブラックに絞ったことでかなり聴きやすくなりました。

そして前作で最大の難点であった男女クリーンヴォーカルがかなりまともになっており、魅力的なデスヴォイスをうまく引き立てています。
Rib;y(uhki)氏のクリーンヴォイスは何処かSound HorizonのRevo陛下に似たトーンになりましたね。
専任Gtの加入による演奏力の向上も顕著でサウンドプロダクションも前作とは比較にならないほどに向上しました。
全編を通してクッサクサなメロディーが盛りだくさんで本編の最後を飾る大作の#10が終わる頃には全XaMetalerが恍惚とした表情で蒼い涙を流すことでしょう。

お気に入りはデスヴォイスと女性ヴォーカルの掛け合いによるAメロとJanneDaArc/ICEやMadeth gray'll/オペラ座ノ悲劇を思い起こさせるサビが印象的な#2、初期Dir en greyをキラキラXaMetal化したような#6、Dimmu Borgirからの影響を強く感じさせられるブラックメタルチューンの#9、そしてサビで異常な臭さを撒き散らす大作の#10あたりです。
まぁ全部お気に入りですがw

前作の神歌に引き続き、#6のイントロではDir en grey/残へのオマージュが登場していますね。ひょっとしたら僕が気づいてないだけでもっと色んな曲のオマージュが入ってるのかも。

十分に一般メタラーにもアピールできるクオリティーですのでV系のお耽美な雰囲気に抵抗がなくシンフォニックブラックメタルが好きな方は是非騙されたと思って聴いてみて欲しいと思います。
スポンサーサイト
Imperial Circus Dead Decadence / 惨劇の血に赫く染まった愛と絶望の黒い死が紡ぐ最期の物語
惨劇

Imperial Circus Dead Decadence/惨劇の血に赫く染まった愛と絶望の黒い死が紡ぐ最期の物語

01.終焉の詩 -ハジマリノウタ-
02.断罪の焔と恋人たちの輪舞曲
03.ニュクスの娘達の肖像
04.紅の闇に降り注ぐ漆黒の雨
05.エイレイテュイアのワルツ
06.革命ノ黒キ薔薇
07.堕とされた世界の狭間で
08.惨劇の血に赫く染まった愛が、絶望の黒を救った最期の日…
09.濫觴の詩 -オワリノウタ-
10.ヘルマフロメイデアの肋骨

評価:★★

福岡のシンフォニックブラックメタル+ヴィジュアル系な音楽を同人でやっているバンド(サークル?)の2009年発売の1stフルアルバムです。
メンバーはkylie(Vo)、Rib;y(uhki)(Vo,Gt,Ba)、Hull(Gt,Ba)の三人でドラムは打ち込み、中心人物のRib;y(uhki)氏はジャケットの絵も手がけているのだとか。

同人でメタルというと東方系のアレンジアルバムが多いイメージですが彼らはオリジナルで勝負しています。
チェンバロやストリングスでキラキラに彩られる暴虐のサウンドにDani Filth系のスクリームからガテラル、更にはGacktのようなナルシスティックなV系歌唱までを使い分けるRib;y(uhki)と女性ヴォーカルのkylieによるデュオが乗り、語りを交えてストーリーを紡ぐSound Horizon的手法で仕上げた音楽性は狙っているところとしては僕の好みのど真ん中なんです。

・・・なんですが、これはきっついわw

あまりにも女性Voが音痴で男性Voもデスヴォイスはいいんだけどクリーンで歌うと途端にピッチが不安定になってしまうし、リードギターなんかも「え、これマジでOKテイクなの?」って聞きたくなるようなテイクも収録されてしまっています。
これなら男性のデスヴォイスだけにして混じりっけなしのシンフォ・ブラックを目指したほうがいいんじゃないのかって気がします。

ちなみに#6のイントロでPhantasmagoria/神歌のオマージュが出てきます。
こういう遊びはいいですねw

お気に入りはチェンバロとギターがペダル奏法でユニゾン疾走するメロスピライクな#4。
↑でクリーンで歌わないほうがいいって言ったのと矛盾してますねwでもこの曲クッサいんだもんw

ってかどうでもいいけどタイトル長すぎ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。