独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NOCTURNAL BLOODLUST / Ivy
NOCTURNAL BLOODLUST / Ivy

NOCTURNAL BLOODLUST / Ivy

01. Pulse
02. Rebellion
03. Vanilla
04. A Bullet of SkyLine
05. Crimson Gate
06. Trigger
07. Gift of Prophecy

評価:★★★

国産V系メタルコアバンドの2012年発表の1stミニアルバムです。

1st EPをMETAL SAFARIのHiro氏のプロデュースの下でリリースするなど、元々はデスコア/メタルコアのシーンで活躍していたバンドのようですが、恐らくは戦略的な意図の下メイクをしてV系シーンで勝負をするようになってから初のアイテムとなるミニアルバムです。
結成当初は7弦ギターの使い手を二人擁する5人編成だったようですが、V系への転身の前後にメンバーチェンジがあり、本作リリース時点では尋(Vo)、Cazqui(Gt)、Masa(Ba)、Natsu(Dr)の4人編成になっています。

デスコア→V系という転身はあくまで見た目の上での変化であり、音楽面ではクリーンで歌ったときの発声法がV系的なナルシスティックなそれに変わったほかは大きな変化はなく、付け焼刃ではない本格的なメタルコアサウンドを聴かせています。
デス声の分類にそれ程詳しくないので、うたい文句の通り8種類ものデス声を使い分けているかどうかは僕にはわかりませんが、かなり器用に色々な発声法を使い分けていることは間違いありません。

SEの#1を除く6曲全てが3分~4分台とコンパクトにまとめられた曲ですが、どの曲も短いながらも起伏があり叙情的で魅力的なメロディーを聴かせてくれています。

売りであるデス声の魅力に対してクリーンが非常に弱いのが大きな欠点で、現時点ではメロディーのよさを十分に伝えるには至っておりませんが、バックの演奏力も含めて非常に今後に期待の持てるバンドの登場と言えます。
メンバーに鍵盤奏者はいませんが、要所で叙情的なピアノやシンセが挿入されるところも非常にポイントが高いですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。