独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SIGH / In Somniphobia
SIGH / In Somniphobia

SIGH / In Somniphobia

01. Purgatorium
02. The Transfiguration Fear Lucid Nightmares
03. i) Opening Theme: Lucid Nightmare
04. ii) Somniphobia
05. iii) L'excommunication a Minuit
06. iv) Amnesia
07. v) Far Beneath the In-Between
08. vi) Amongst the Phantoms of Abandoned Tumbrils
09. vii) Ending Theme: Continuum
10. Fall to the Thrall
11. Equale i) Prelude ii) Fugato iii) Coda


評価:★★★

日本のアヴァンギャルドブラックメタルバンドの2012年発表の9thアルバムです。

普段アヴァンギャルドブラックなんかほとんど聴かない・・・というか正直に言うとそれがどんなジャンルかもよく知らず、
手持ちのアルバムの中だとIHSAHNの"After"がアヴァンギャルドだって言われているのを見たことがあるからこんな感じのをアヴァンギャルドブラックっていうのかな?程度の認識しかなかった僕なんですが、某友人が本作を勧めてくれたので挑戦してみました。

頭2曲を聴いて彼が何故このCDを僕に勧めてくれたのか解りました。
この2曲がすんごいクサいんですw
勿論全編に渡ってクサメロ満載なアルバムって訳じゃないんだけど、この2曲だけでも満足できますね。
特に#2はサックスソロなんかもいい感じ。

#3~#9は組曲なんですが、ドゥームっぽかったりプログレッシヴだったり何かエロティックだったり最早メタルですらなかったり「アヴァンギャルドってこういうことか~。」って感じですね。
ただ、先鋭的なだけではなく歌やギターのメロディーもしっかりしていてメタルとしてもアグレッションを感じられるパートもしっかりあって、僕のようなメロスパーでも結構楽しめます。
特に#8はDimmu Borgirを彷彿とさせるシンフォ・ブラックで大好物です。
組曲の後に入っている#10もギターがクサいフレーズを弾きながらスラッシーに疾走する曲でたまりません。

メロスピのサウンドプロダクションに慣れた僕としては隙間の多い本作のプロダクションが「スカスカ」と感じられてしまうのが難点ですね。

どうでもいいですが"アヴァンギャルド"と称されるブラックメタルは本作と前述のIHSAHN/Afterしか聴いたことのない僕にとってアヴァンギャルド=サックスを使用しているという図式が出来つつあるんですが、きっと間違ってますねw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。