独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Raphael@Zepp Tokyo
少し日が開いてしまいましたが、表題のRaphaelの復活ライヴに2日間とも行ってまいりました。

一度解散(もしくは解散に準ずるような活動停止)をしたバンドの復活ライヴというと、これからも継続して活動する可能性の高いバンドと、その日限りで終わってしまうバンドではファンがライヴに臨む心境も当然変わってくるわけです。
メンバー自身がこれからのことに関して明言したわけではないけど、今回のRaphaelのライヴは普通に考えたら後者。この二日間で終わりが来るまさに『夢より素敵な夢』なわけです。
こういうライヴってどんなにその内容が素晴らしくても・・・というより内容が素晴らしければ素晴らしいほど、終わりの時間が近づいてくることが切なくなってくる不思議な心境になるのよね。
とまぁ前置きが長くなりましたが、まずはセットリスト。

SET LIST
2012/10/31 天使の檜舞台 第一夜~白中夢~

01. 花咲く命ある限り (Gt:Anchang 、夢人)
02. Holy mission (Gt:Anchang 、夢人)
03. promise (Gt:Anchang 、夢人)
04. 「…」~或る季節の鎮魂歌~ (Gt:Anchang 、夢人)
05. 窓際の夢
06. Dear
07. 拝啓ナーバス
08. eternal wish~届かぬ君へ~
09. Drum Solo
10. シナゴーグ前奏曲イ単調~第1楽章~
11. さくら
12. Sacrifice (Gt:Lida、咲人)
13. follow you (Gt:Lida、咲人)
14. 症状3.XXX症 (Gt:Lida、咲人)
15. エルフの憂鬱
~アンコール1~
16. 秋風の狂詩曲
17. lost graduation
18. Teen age~卒業~
~アンコール2~
19. White Love Story
20. ハックルベリーの恋 (Gt:Anchang 、夢人)
21. cadenza
22. Evergreen (Gt:Lida、咲人)
23. 夢より素敵な (Gt:Anchang、夢人、Lida、咲人)

2012/11/1 天使の檜舞台 第二夜~黒中夢~

01. 人間不信 (Gt:Anchang 、夢人)
02. 小夜曲~悲愴~ (Gt:Anchang 、夢人)
03. Sweet Romance (Gt:Anchang 、夢人)
04. ピーターパン症候群 (Gt:Anchang 、夢人)
05. 吟遊詩の涙
06. 不滅花
07. 症状2.分裂症
08. 僕と「僕」
09. Drum Solo
10. シナゴーグ前奏曲 ~第2楽章~ホ短調
11. 症状1.潔癖症 (Gt:Lida、咲人)
12. Imitation White (Gt:Lida、咲人)
13. 49 (Gt:Lida、咲人)
14. Gebet~祈り~ (Gt:Lida、咲人)
15. 症状3.XXX症 (Gt:Lida、咲人)
16. エルフの憂鬱
~アンコール1~
17. Dear
18. 拝啓ナーバス
19. 秋風の狂詩曲
20. lost graduation
21. eternal wish~届かぬ君へ~
~アンコール2~
22. タッチ (Gt:Anchang 、夢人)
23. 夢より素敵な (Gt:Anchang、夢人、Lida、咲人)

2日それぞれ23曲ずつ+長めのMCで3時間を越える長丁場のライヴでした。おそらくRaphael名義での持ち曲を2日間で全曲やったと思います。
実は2日それぞれを丁寧にレポろうかと思ったんだけど、あまりにも書きたいことが多すぎて、全然まとまらなくなってきてしまったので、取りあえず箇条書きで全体的な感想を書いていこうかと。


・2日とも開場してからの場内のBGMはriceのアンゲルディエのオープニングの曲がエンドレスでリピート。アンゲルディエは実は『angel die』のローマ字読みなんだとか・・・。
・曲によってゲストギターが入ることは想像できたけど、ツインギター編成だったのには驚いた。
・当たり前だけどメタル曲でのAnchangのはまり具合といったらもうねw
・YUKIの歌唱力の向上具合は最早別人レベル。そりゃぁ12年間ずっとriceで活動を続けていたんだから当たり前っちゃ当たり前なんだけど声には深みが増して、ビブラートは丁寧で、本人もMCで言っていたけど音域も余裕を持って歌えているから感情表現も素晴らしかった。
・HIROの演奏もタイトでバスドラがでかくて気持ちよかったですね。
・YUKITOはちょっとだけ二人の足を引っ張ってたかなぁ。2日とも症状3のソロ弾けてなかったしね。riceで活動中の二人と違ってほぼ引退状態だからしょうがないね。
・予想以上に初日は白系、2日目は黒系とくっきり分けてきましたね。特に2日目の本編後半の煽り系のたたみかけはすごかった。YUKIはシャウトも完璧。
・特に予習していったわけではないのに全曲条件反射的に口ずさんでしまう自分にびっくり。
・MCは長かったけど、全て必要不可欠な言葉だったかな。「つらい思いは全部今日ここで吐き出して。全部YUKIが預かるから。」っていう言葉も、湿っぽくなりすぎないようにおどけて笑わそうとする姿も、ただひたすら格好良かった。
・「10人いて10人納得させるのは難しいんだ。」といっていたけど、少なくともこの2日間のライヴを見た数千人は、全員がこのライヴとYUKIの言葉に納得したと確信している。
・一生懸命我慢していたけど、2日目の症状2の後YUKIが号泣したのを見てもらい泣き。
・最後の、夢より素敵なの演奏中はただひたすら、このまま時が止まることを願った。

っつーわけで前にも書いたとおり、書いているとキリがなくなるからこんなところで。
とにかく同世代の男としてYUKIに男惚れした。今度riceのライヴも行きたくなった!
スポンサーサイト
RAGE@Shibuya O-EAST
前の記事にも書いたとおり、現在仕事のほうがかなり忙しくて全くブログを更新できない日々が続いています。
でも何故かここ数日のアクセス数が毎日更新していた時期よりも増えている気がするんだけど何でだろうw

そんな中、レポ書くのが遅くなりましたが木曜はShibuya O-EastにRAGEのライヴを見に行ってきました。
この日も予定より仕事が長引き、渋谷についたのは6時50分位。「ギリギリ間に合いそうだ!」って思ったのにそこから渋谷で迷子になり、O-Eastに到着したのは7時を10分ほど過ぎてしまっていました。
何十回と来たことのあるハコに行くのに迷子になる自分の方向音痴っぷりが悲しくなりましたw
いや確かに109って書いてあるビルの左の道に入ったはずだったのに、そのビルが109じゃなくて109men'sだったんですよ。

まーそんなわけでセットリストを2chからのコピペ。

1. House Wins
2. Twenty One
3. Forever Dead
4. Paint It Devil On The Wall
5. Feel My Pain
6. Serial Killer
7. The Crawling Chaos
8. Light Into The Darkness
9. Suite Lingua Mortis : No Regrets
10. Unity
11. Destiny
12. Refuge
13. Great Old Ones

Encore

14. Empty Hollow
15. Drop Dead!
16. Don't Fear The Winter
17. All I Want
18. Solitary Man
19. Soundchaser

僕が会場に着いたときはTwenty Oneが終わって、Forever Deadの前のMC中でした。
一聴して思ったのが、ヴィクターのサウンドの更なる強化ですね。腹に響くような、それでいてヌケのいいディストーションサウンドが最高に気持ちよかった。
プレイも神がかっているとしか表現しようがなくて、何でもないような顔をしてテクニカルなフレーズを決めていくんですよね。後で聞いたんだけど、この日38度も熱があったんだって?とても信じられないわ。
アンドレのドラムもパワフルかつタイトだし、ピーヴィーは相変わらずプロレスラーのような風貌に反してお茶目なキャラでしたねw「次の曲はバラードだ。愛について歌った曲なんだ。」とか言った後にSerial Killerがはじまったり、「次の曲が最後だ!」って言った後に客からブーイングを受けて袖に隠れる振りをしたりっていうコミカルな一こまには笑わせてもらいましたw

選曲的には新譜中心の前半から、クラシックス連発のアンコールまで最高でした。
シンフォニックな要素はLINGUA MORTIS ORCHESTRA名義に分離するなんて話もありましたが、それは音源での話のようで、ライヴではNo RegretsやEmpty Hollowといった曲もやっていましたね。オケは同期だけじゃなくて袖で誰かがシンセを弾いた音も混ざってたような気がしたけど、実際のところはどうなんだろう。
これらの曲はできれば生オーケストラとの競演で組曲をフルで聴いてみたいところなんだけど、日本でそういうライヴをやることはないかなぁ。
ヴィクター加入後のファンである僕としては、スタジオ盤で聴いたことのない曲も何曲かやってたんだけど、The Crawling Chaosとか凄い格好いい曲ですね。
あと、選曲面で言うならやっぱりヴィクターファンとしてはUnityが聴けて嬉しかったですね。
あと、ヴィクター加入前で唯一持っているTHE MISSING LINKからのRefuge(ヴィクター派の僕ですがRAGEで一番好きな曲です。)も聴けたし。

それと特筆すべきなのはオーディエンスの異常なまでの盛り上がりですね。
僕はフロアの一番後方下手よりで見ていたんだけど、殆どの曲のサビで後ろまで温度差なく合唱が起きるのって、Xのライヴ以外見たことなかったかもしれない。
アンコール待ちではHigher Than the Skyの合唱も起きました。でもこの曲やってくれなかったねw

日がたちすぎて詳細は忘れてしまっていますが、こんな感じで最高の夜でした。
改めて思ったけど、音源を聴く分にはもっと好きなバンドもあるけど、ライヴバンドとしては世界一だなと。(Xは別格ねw)
ラウパーとかでまた来てくれないかな。
5/5 MinstreliX『Minstrel Banquet vol.3 Historial ONEMAN Night in Tokyo』@目黒ライヴステーション
っちゅうわけで一昨日5/5は、今や世界最強のXaMetalバンドとなったMinstreliXのライヴを見に目黒ライヴステーションへ。
開演直前にハコに入るとKnights of RoundやDragon Guardianのメンバーがいたり、途中からAncient Mythのメンバーも来たり、物販には和田誠が座ってたりして面白かったw
個人的には2010年10月10日にあったKnights of RoundやAncient Mythとの同じく目黒ライヴステーションでの対バン、2011年2/26のDragon Guardian、LIGHT BRINGERとの3マンに続いて3回目のMinstreliXでした。

SET LIST
01. Legend Eve Origin(SE)
02. The Goddess~La Liberte Guidant Le Peuple~
03. JDA
04. Gratia
05. Sari With Mercy
06. Venus And Adonis
07. The Minstrel~旅人~
08. Caterina
09. Bloody Rose
10. Awaken
<アンコール1>
11. Happy Birthday Ochoco
12. Silent Jealousy(X カヴァー)
13. Ref:Rain
14. Farewell
<アンコール2>
15. SPIRITUS MUNDI
16. Sky Flame
17. Thirst For...

見ての通り本編は新作の曲を中心に、アンコールは過去の名曲を連発というセットリストだったわけですが、大阪、名古屋ではやらなかったというCaterinaをやってくれたのは非常に嬉しかったんだけど何でThe Intellectual Rampageをやらないんじゃーーーー!
まぁ名曲だらけなんで不満なんてないですけどw

東京での初ワンマンということもあり、会場の熱気は凄かったですね。
僕も含むフロア後方のオーディエンスまで拳を上げてヘドバンして歌って・・・とノリノリでした。

本編は曲順を入れ替えつつも基本的には新作"TALES OF HISTORIA"の曲を演奏していきました。
前回見たライヴを最後にドラマーが脱退したんだけど、アルバムでも叩いていた新任のOchoco氏は前任以上に安定感のあるプレイを聴かせていたし、このバンドの看板でもあるTakao(Gt)&Yui(Key)のツインリードは今回も開いた口が塞がらなくなるほどの超テクニカルなキメフレーズを連発。
ただもう一つの看板であるLeo(Vo)は前に見たライヴと同様スタミナ不足の印象が強くて、本編の後半にやった曲ではかなりフェイクも入れてました。勿論十分一級品のハイトーンなんだけど、超一級のTakao(Gt)&Yui(Key)と比べるとちょっと見劣りしますね。
唯一アルバム以外の曲Awakenで本編は終了。糞音痴外人音痴女時代の曲をLeoが歌うと「こんなにいい曲だったんだ?」ってびっくりさせられますね。
この曲では途中オーディエンスとのコール&レスポンスなんかを盛り込んでたんだけどちょっと微妙だったかな。せっかくのクサメロなんで曲を通してちゃんと楽しみたかった。

そしてアンコールは誕生日だったらしいOchocoを祝った後に「カヴァー曲をやります。僕らが影響を受けた日本のバンドです。」というMCからSilent Jealousy!
Xの曲の中でも紅やXではなくSilent Jealousyをチョイスする所がこのバンドらしいですね。
ただねー、この曲ではLeoがハシりすぎでした。やっぱXの曲って難しいんですかね。普段から裏打ち疾走曲を歌っているようなメロスピヴォーカルでも必ずXの曲やるとハシったり拍の裏表がひっくり返ったりするよね。

んでそこからはMinstreliXの過去の名曲を連発。
ラストは勿論XaMetal史上最強の悶絶キラーチューンThirst For...で〆でした。

関西弁でゆるく喋るMCも面白かったですね。
特に前回、前々回に見たときはあまり喋ってた記憶のないMizuki(Ba)がかなりいい味出してましたw
Sky Flameのはじまる前のMCでの
Leo「何か話の着地点が解らなくなってきた。」、Mizuki「次の曲は着地しない曲だからいいんちゃいます?」って言うくだりとか、
そのMCの後にSky Flameが始まるかと思いきやコード進行がSky Flameと同じ小田和正の「言葉にできない」を歌い始めるLeoに、Takao「何か凄いはまってるけどその曲ちゃう!もっとワイルドな曲や!」、更にそれを受けてまたコード進行が同じTMネットワークの「Get Wild」を歌うLeoに、Takao「それも凄いはまってるけどちゃう!Mizukiどんな曲か教えたれ!」、Mizuki「だから着地しない曲ですって。浮遊感のある感じの・・・」っていうコントみたいな流れに腹を抱えて笑ってしまったw

あと、僕の記憶違いかもしれないんだけど、Yuiって2010年に見たときはショルキーを使っていたと思うんだけど、2011年のときもこの日も固定したキーボードでしたね。
Takaoとハモる時とかはショルキーで動きながらの方がステージ映えはすると思うんだけど、やっぱり難しいのかな。

あと、この日AwakenやSPIRITUS MUNDIを聴いて思ったんだけど、バンドはThirst For...やLost Renaissanceを録り直す前にLola時代の曲を全て録り直すべきですね。どんなにいい曲でもあのウンコヴォーカルじゃ聴く気しないんだもん。

オペラ、ミンストと2日続けていいライヴが見れて良かったGWでした。
5/4 摩天楼オペラ『eyes of Justice Tour』@赤坂BLITZ
昨日は摩天楼オペラの「eyes of Justice Tour」最終公演を見に赤坂BLITZに行って来ました。
多分オペラのライヴを見るのはDELUHI、Versillesとの3マンでやった鋼鉄祭以来だと思うので、実に2年近くぶりだったのかな?2007年の結成一発目のシークレットライヴから通っていたので、こんなに長い間ライヴ行かなかったのは初めてかもしれない。というか、こんなに行ってなかったとは思わなかったw

7分押しの17時7分に場内は暗転してデジタルっぽくもあり、シンフォニックでもあるSEで開演!

SET LIST
01.SE
02.Justice
03.落とし穴の底はこんな世界
04.電脳パラノイア
05.Diorama Wonderland
06.Sexual Entrpment
07.アポトーシス
08.AGE
09.21mg
10.Drum & Bass Solo
11.Just Be Myself
12.濡らした唇でキスをして
13.INPERIAL RIOT
14.Mermaid
15.Murder Scope
16.Adult Children
17.INDEPENDENT
18.ANOMIE
19.ニューシネマパラダイス
20.絆
<アンコール1>
21.瑠璃色で描く虹
22.悲哀とメランコリー
23.マグノリア
<アンコール2>
24.honey drop

mixiでもつぶやきましたが、V系のライヴを見に行ったはずが何故かメタルバンドのライヴでしたw
アルバム"Justice"からは13曲中11曲やったわけですが、ボートラ扱いの"Designer Baby"はいいとしてまさかのシングル"Helios"カットには驚いた。
しかも"Helios"のカップリングの"Adult Children"、"マグノリア"は両方やってるのにw
まぁ"Helios"ってカップリングに比べて地味なシングル曲だとは思うんだけど、だったら何故その曲をシングルに選んだのか不思議だわw
あと、"alkaloid showcase"をやらないのも意外だったな。MCでも仕切りにこの日バンドの5周年であることを強調していたので、バンドの始まりの曲である"alkaloid showcase"は外さないと思ってたんだけど。

ただ、意外であるからといって不満があるっていうわけではなくね、僕みたいに摩天楼オペラの中でもメタリックに疾走する要素が一番好きでファンをやっている人間からするとこれ以上にないセットリストだったよ。
遅い曲"濡らした唇でキスをして"と"絆"くらいですからねw
あと"Eternal Symphony"と"紅"をやってくれれば完璧だったけどそんなセットリストにしたら悠(Dr)が死ぬねw

僕がしばらくライヴを見ていない間にバンドは衝撃的なまでの成長を遂げていました。
苑(Vo)は"Murder Scope"~"INDEPENDENT"あたりではさすがに高音がきつそうだったものの、全体的に絶好調でハイトーンも良く出ているし、"ニューシネマパラダイス"の終盤のマイクを使わずにアカペラで歌を聴かせたパートなんて鳥肌立つほど凄かった。また、昔に比べると物凄くMCが上手くなったよね。客を煽るときに濁声気味に声を潰して煽るんだけど、それが凄い格好良かったですね。
Anzi(Gt)は正直言ってこの日はじめて音がバンドに馴染んでいると感じた。これまでは必要以上にジャギジャギとした音色がバンドサウンドの中で浮いていると感じていたんだけど、そういう感じが全然なくなってましたね。それで、リードギターに必要以上にリバーブをかけなくなったので一音一音がクリアに聴こえるようになったのも非常に良かった。
彩雨(Key)は加入当初ははっきり言って穴だったと思うけど、技術の不足を同期等を用いて多彩に音を重ねることでしっかりと補えるようになりましたね。
耀(Ba)は相変わらずアンサンブルに徹してもよし、ソロを弾いても良しの安定感。
悠(Dr)はツーバスを連打するときの安定感はメタルバンドと比べてもピカイチ。っていかメロスピバンドばりにツーバス踏み続けの曲が多い中、よく最後までスタミナ持ったなとw
そして何よりも5人の出す音の一体感が素晴らしかったですね。ステージングも魅力的でオーディエンスの盛り上げ方も良かった。
本当に結成当初から見てきた者としてはこんなにいいバンドになったことにかなり感動してしまいました。

さぁオペラのライヴも良かったけど今日はこれからミンスト!
4/22 MergingMoon presents 2nd single 『Greyen』 release party!!@渋谷CYCLONE
ちょっと遅くなったけど日曜は渋谷CYCLONEにMergingMoonのレコ発を見に行ってまいりました。
レコ発といっても発売ではなく配布なんだぜ。一曲入りのシングルCDが貰えるからみんな早めにマジムンのライヴに行ってゲットしましょう。

本当はセットリストが解らないからオフィシャルのブログとかにセットリストが出たらそれをコピーしてレポ書こうかと思ってたんだけど、全然セットリストが上がらないのでセットリストなしでw

Serenity in MurderとMergingMoonという同世代、メロデス、女性ヴォーカル、ツインGt+Keyを含む6人編成と共通点が多いので本人たちがどうかは知らないけど僕は勝手にライバルだと思っている2バンドの対バンってことで楽しみにしていたのですが果てさてその結果は・・・?


・Serenity in Murder
僕が会場に着いたときは丁度1バンド目のGhouls Attack!が終わってSerenity in Murderの出番が始まるところでした。
まだ18時半前だったけどこの時点でフロアはほぼ満杯。

上記の通りセットリストは解らないんだけど、1stアルバム"The First Frisson Of The World"に収録されている曲ばかりを5,6曲だった気がする。
僕のようにはじめてSIMのライヴを見る人間からするとアルバムに入っている良く知った曲を聴けて嬉しかったけど、ひょっとしたら何度も通っている常連さんからするとマンネリな面もあるのかな?

リズム隊は物凄く安定感があるし、いかにもCoB好きそうな上手ギターのFreddyと、フロントの5人の中で唯一短髪で地味目な見た目の下手ギターRyujiがその見た目のアンバランスさに反して息のあったツインリードを聞かせてくれてたし、ステージングにも華があっていいバンドだと思った。
ただ、Emiのヴォーカルはちょっとバンドの音圧に負け気味だったかな。ツインGtとKeyがいて音数が多いのでPAも難しいとは思うんだけどね。
あと、KeyのShuntaroはちょっとステージングが地味すぎる。サポートメンバーかと思うくらいw
でも若いのに既に貫禄を感じさせるステージだった。もう少し大きなステージで見てみたいと思いました。


・LOYAL TO THE GRAVE
普段はハードコア系の対バンで活動しているようだけど、MCでも言っていた様にバンドとしてはハードコアとかメタルとかの垣根を取っ払った活動をしたいと思っているみたいですね。
実際バンドの演奏は十分にメタラーにもアピールできる要素を持っていたと思います。
ただ、お客さんのノリが違いすぎるのよねー。腕をぶん回しながら暴れるのって周りの人が危ないじゃないかな~とかヒヤヒヤしながら後ろから見ていました。


・ANOTHER STREAM
ギタリストがImperial Circus Dead Decadenceのアルバムに参加していたり、ってことで名前だけ知っていたバンド。
ヴァース、ブリッジまではデスメタルでサビになると往年のジャパメタっぽいダサかっこいい曲になる感じ。ヴォーカルがちょっと弱いな~。ちょっとYAMA-Bと似た感じの声で嫌いじゃないんだけど。
最後にやったデス声なしのジャパメタ風疾走曲が一番良かった。


・METAL SAFARI
この日出演していたSIMやマジムンをはじめ、魅力的なメロデスやメタルコア系の若手バンドが悉くこのバンドのGtのHiro氏のプロデュースだってことで気になっていたバンドでした。
Gt一本の4人組で上記のプロデュースしているバンドたちに比べるとずっとシンプルで男臭いエクストリームメタルをやっていました。
演奏はタイト極まりなく、それ以上にヴォーカルが凄い。起用に色んな声を出すタイプではないんだけど、まるで目の前で歌っているのは人間ではなく野獣なんじゃないかって疑いたくなるくらいの圧倒的な存在感だった。
ステージの上で血管切れて倒れたりしないか心配しちゃう感じだったよw

正直家でCDを聴きたいとは全く思わない音なんだけど、ライヴでのパフォーマンスはこの日の出演バンドの中でもダントツでしたね。


・MergingMoon
SIMとは対照的にミニアルバム未収録の曲を3曲くらいやっていた。
確か一曲目にやったのがミニアルバムに入ってない曲で、やたらとプログレッシヴで戸惑ってしまった。
この日配布スタートのGreyenや製作中のアルバムに収録予定の曲なんかもやっていましたね。
ミニアルバム発表時から下手GtとVoがチェンジしていたんだけど、ヴォーカルが女性になった強みを生かそうという意図が感じられました。
その一例としてUがデス声だけでなくファルセット気味のクリーンで歌うパートとかも合ったんだけど、クリーンがちょっと弱すぎる。デスヴォイスは凄い格好いいだけにクリーンヴォイスが残念すぎますね。
タイトなドラムをはじめ演奏陣は凄くよかったな。

Keyの人の暴れまくりなステージングとかは良かったけどヴォーカルが場慣れしてない感ありありで残念。MCとかも身内のりになりがちだったし。
あと、曲の盛り上がるところでサークルピットを作るように指示するのも個人的にはどうかと。ああいうのは自然発生的に起きるから楽しいんじゃないのかな。

まぁ全体的には物凄く楽しいステージだったんだけどねw


ってな感じな一日でした。
デスメタルばっかりのイベントとかあんまり見に行ったことなかったからデスヴォイス聴き疲れたw
同世代女性メロデス対決はこの日はSIMに軍配かな~。
それと、この日出演したSerenity in Murder、METAL SAFARI、MergingMoonにBLOOD STAIN CHILDを加えた面子で6月に今度はSerenity in Murderの企画のイベントをやるらしいんだけどそちらはちょっと行けそうになくて残念です。

帰ってからGreyenをヘビーローテーションしてんだけど、これ滅茶苦茶格好いいですね。
本当に将来が楽しみなバンドだわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。