独断と偏見。
メロスピ系を中心にヘヴィメタル、V系等のCDのレビューを更新していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIGHT BRINGER / genesis
LIGHT BRINGER / genesis

LIGHT BRINGER/genesis

01.創世
02.ark
03.noah
04.merrymaker
05.Babel
06.カルンシュタインの系譜
07.Just kidding!
08.光の王女
09.espoir
10.風
11.Love you

評価:★★★☆

国産プログレッシヴ/ポップメタルバンドの2012年発売の通算3枚目となるメジャーデビューアルバムです。
結成当時は「ALHAMBRA等で活躍中のHibiki(Ba)が新バンドを結成!」と言われていましたが、すっかりふきてんことFuki(Vo)がバンドの顔となりましたね。
ただ“嬢メタル”って言って売り出すのはやめてほしいわw

さて、内容ですが・・・あれ、こんなバンドだったっけ?というのが第一印象。
テクニカルなパワーメタルサウンドに載るJ-POP的なメロディーのキャッチーさはこのバンドの最大の売りであることは間違いないんだけど、今作では「メタルどこいった?」って言いたくなるようなJ-POPそのものな曲もあり、デジロック的な曲もあり・・・全体的にミディアムテンポ、バラードが増えて速い曲が減りました。
多様性が増したと言えば聞こえはいいんだけど、どっちかというと散慢でとっちらかった印象っていったほうが正しいかなぁ。

っていうかSEに導かれてはじまる#2が弱いのが印象を悪くしている部分もあると思います。
これなら先行シングルの#3を2曲目に持ってきたほうがよかった。

メジャーに行ったことで必ずしも作りたいものでないものを作らされているように思ってしまうのは勘ぐりすぎでしょうか?
なんかこのアルバムを聞いていると近いうちに解散するんじゃないかって心配になってくるw

お気に入りは前述の#3とメロスパー総ガッツポーズ物の#11。
#11はね、タイトルからしてアイドルが歌ってそうなキャピキャピな歌謡曲を想像していたのでギャップにやられましたw
早くも2012年のベストチューン候補ですね。
アルバムを通しての印象はあまりよくないにも関わらず#3と#11だけで買う価値があると言えてしまうところが悔しいw
スポンサーサイト
LIGHT BRINGER / Midnight Circus
LIGHT BRINGER / Midnight Circus

LIGHT BRINGER/Midnight Circus

01.開幕 -Instrumental-
02.Resistance
03.Le Cirque de Minuit ~真夜中のサーカス~
04.奇跡
05.IT'S SHOWDOWN -Instrumental-
06.今にも落ちてきそうな空の下で
07.Dream!
08.Lazy Maze <2010>
09.Hearn's Heaven <08→10>

評価:★★★★

国産プログレ/ポップメタルバンドの2010年発表の2ndフルアルバムです。
いや化けましたね。一聴してわかるのはプロダクションとFukiてん(Vo)の歌唱力の飛躍的な向上です。
元々Fukiのハイトーンには一定の評価がありましたが、今作では特に中低域での表現力が増したことでシンガーとして一皮むけた印象があります。

そして個人的に嬉しいことに、前作で目立っていた展開の冗長さが減り、テクニカルな要素は残しつつもあくまで歌メロを重視したメタルに変化しました。

お気に入りは#2、#7の2大疾走曲。速いは正義!
特にオープニングSEの#1に導かれてはじまる#2は2010年の私的ベストチューンです。
LIGHT BRINGER / Tales of Almanac
LIGHT BRINGER / Tales of Almanac

LIGHT BRINGER/Tales of Almanac

01.Diamond
02.Upstream Children
03.Rain
04.We're All in This Together
05.Frothy Summer~真夏の夜の夢~
06.Red Spider Lily
07.In Disguise
08.Closed Sister~雪待月の妹~
09.White Locked Night
10.銀色
11.Hearn's Heaven
12.D.C.

評価:★★★

Hibiki(Ba)率いる国産のプログレ/ポップメタルバンドのミニアルバムやシングルを経て2009年発表の1stフルアルバムです。
Hibikiの所属するALHAMBRAに通じるシンフォニックなプログレッシヴメタルに、時にアニソン的とでも言うべき過剰なまでにポップな歌メロを載せたスタイルはこの時点で既に確立されています。
個人的にはこの“過剰なまでにポップ”っていうところが曲者で、甘すぎる歌謡曲的なメロディーが微妙に好みのツボを外れてるかな。

その音楽性を表現する演奏力は動きまくりなHibikiのBaは勿論のこと、テクニカルなツインGt、煌びやかなKey、タイトなDr、伸びのあるFuki嬢のヴォーカルとどれをとっても粒ぞろい。
ただメンバー全員上手いがために自己満足としか思えない冗長な展開が多々見受けられるのが残念。

アニソン的なキャッチーな#1、オケヒが印象的な疾走曲の#2、メロスピ然とした#11あたりはかなり好きな部類なんだけど、いかんせん中だるみする中盤と自己満ソロバトルがはじまるとついつい曲を飛ばしてしまいますw
音質も良くないなぁ。

とはいえ、今後の成長を期待させるには十分な1stアルバムと言えます。
上述の#1、#2、#11あたりはどれをとってもキラーチューンだしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。